日常をデロリアンする

雑記中の雑記

MENU

【検証】レンタル彼女を頼んだらどうなるか。

 

初めまして、らむやすです。

 

皆さまは”レンタル彼女”というものをご存知でしょうか。

 

ポストに投函されたチラシに興味を惹かれ、24時間コースを申し込んでしまいました。顔写真は載ってなかったのですが、”ピアノ系女子”の女の子を指名しました。 おしとやかでピアノが上手な可愛い子なんだと思います。

 

 

便利なことに私の家まで来てくれるみたいなので凄く楽しみです。

時間的にはそろそろかな・・。

 

 

 

 

ピンポーン

 

 

 

俺「お・・きたきた・・。」 

 

 

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403125405j:plain

 

 

 

え・・?

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403130112j:plain

 

 

 

え・・・?ピアノ?

 

 

?「こんにちわ〜」

 

 

俺「こ、、こんにちわ・・・。どなた・・というか何?」

 

 

?「レンタル彼女のゆなです。よろしくお願いします!」

 

 

俺「え・・。ど、どうぞお入りください・・。」

 

 

 

なにこれ・・。インターホンの画面が壊れたのかな・・。

 

 

 

 

 

 

ガチャ

 

 

 

ゆな「失礼しま〜す。」

f:id:afebreakar59s:20170403125732j:plain

 

 

わああああああああああ!!!!!!ピアノおおおおおおおおおお!!!!!!!!

 

 

俺「え・・・あの・・・。」

 

 

ゆな「上がらせてもらっていいかな・・?」

 

 

報道機関に連絡したい気持ちをグッと抑えて声をひねり出す。

 

 

俺「・・・ど・・どうぞ。」

 

 

ゆな「ありがと。とりあえず自己紹介しますね。」

 

f:id:afebreakar59s:20170403130617j:plain

 

名前:ゆな

出身:ザンビア

身長:1メートル30センチ

体重:約10kg

好物:鉄腕DASHの0円食堂でNGだった食材

 

 

 

ゆな「休日は、信長の野望の実況プレイ動画を見て過ごしてます。」

  

俺「独特だね・・。」

 

ゆな「よく言われますっ!あはは〜」

 

 

 

流暢に会話するピアノを目の前にして、俺はいつの間にか普通の女性として接してしまっていた。

  

 

 

 

そして会話は盛り上がり2時間経過

 

 

 

ゆな「そろそろお腹すいてきちゃったなぁ・・」

 

俺「よし、昼ごはん行こっか。何食べたい?」

 

ゆな「ん〜、死んで間もない鹿肉かなぁ。」

 

   

ゆなのボケには一切耳をかさず、近所の高級なお店に入ってみる。

 

f:id:afebreakar59s:20170403130832j:plain

 

 

 

ゆな「わあ〜美味しそうーーーっ!!!」 

 

ゆなは嬉しそうにガツガツ食べ、味噌汁を18杯おかわりした。それがキッカケで店員とエビフライを叩きつけ合う大喧嘩になり、出入り禁止になった。

  

 

しかし、そんな無邪気な彼女の姿を見ていたら、いつのまにか恋愛感情を抱いてしまっている自分に気付いた。 

 

 

f:id:afebreakar59s:20170323182032j:plain

  

 

俺「あの・・レンタル彼女っていう関係じゃなくてさ、彼女になってくれないかな・・」

  

ゆな「え・・・。私でよければ・・。」

 

 

 

 

告白成功

 

 

 

 

そして、彼女になった途端抑えていた感情が爆発した。

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403131057j:plain

 

 

好きだああああああああああ

 

f:id:afebreakar59s:20170403131114j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403131212j:plain

 

あはははっはっははー!!!

 

f:id:afebreakar59s:20170403131424j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403131614j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403131711j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403131750j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403131848j:plain

 

 

ハアハア・・。

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403131931j:plain

  

 

俺「楽しかったね。」

  

ゆな「うん・・。」

 

 

ゆな「あの・・実は、秘密にしてたことがあるの。」

  

俺「え・・何?」

 

 ゆな「私、一週間後に修理に出されるの。右から4番目の”ファ”が凄く調子悪くて・・。その”ファ”は海馬的な役割をしていて記憶を司ってるの・・。」

 

 俺「つまりそれが直らなくて新品と交換になったら・・・?」

  

ゆな「・・あなたのことを忘れてしまうかもしれない・・。」

 

俺「なっ・・・!!そんなの許せるわけないだろっ!!!」

 

ゆな「ごめんなさい・・。」

 

俺「えぇい!!もう結婚しよう!!忘れて欲しくない!!」

 

ゆな「・・っ!!」

 

 

ゆなは、コクリと頷いた。

 

俺はゆなを抱きかかえて一目散に駆け出した。

 

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403132008j:plain

 

 

そして、役所に婚姻届を提出した。

 

f:id:afebreakar59s:20170403132105j:plain

 

 

俺「これで、今日から夫婦だな・・。」

  

ゆな「そうね・・。こんな私だけど、よろしくね。」

 

 

 

残された時間は1週間。家に帰る時間も惜しい。 

外で新婚初夜を迎えることにした。

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403132930j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403132938j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403132948j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403132958j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403133007j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403133015j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403133023j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403133031j:plain

 

 

 

 

・・次の日

 

 

 

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403133039j:plain

 

俺「おはよう。いい朝だね。」

 

ゆな「おはよう。実は、もう一つ言ってなかったことがあるの。」

 

俺「・・なに?」

 

 

ゆな「私の両親は凄く厳しいから、結婚は反対されると思うの。この辺で私が働いている事は知っているはずだから、いずれ見つかって連れ戻されてしまう。」

  

俺「・・俺が力ずくで止めてみせる!」

 

ゆな「無理よ!私の父親はグランドピアノで、朝青龍3人分の重さなのよ!!」

 

俺「くっ・・質量の暴力・・っ!えぇい!それなら方法はこれしかない!!」

 

 

 

俺はゆなを連れて走り出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・

 

 

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403133532j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403133410j:plain

f:id:afebreakar59s:20170403133655j:plain

 

f:id:afebreakar59s:20170403133731j:plain

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403133844j:plain

 

 

 

f:id:afebreakar59s:20170403134001j:plain

 

 

 

 

 船で県外に逃亡した。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”レンタル彼女”を頼んだらどうなるか。

 

 

 

検証結果

ピアノと結ばれるために、駆け落ちしてしまう。